本を読むメリット

本を読むメリット

少し前までは“若者の本離れ”が問題視されていました。

けれど去年辺りから、再び本を読む若者が増え始めているそうです。

20代になってから本を読むようになったという人も少なくありません。

本の良さが広まるのはとても嬉しく思います。

若い方だけでなく、もっと多くの方に本を読むメリットを知って欲しい。

なのでこちらで本を読む事はどんなメリットがあるのかをお伝えしようと思います。

マインドフルネス速読の公式HPへ

読書にはこんなメリットがある

年齢関係なく、普段本を読まない方に是非知っていただきたいメリットにはこんな事があります。

こんなにたくさんのメリットがあるのですから、きっとあまり読書に興味がない方にも響くのではないでしょうか?

メリット①ストレスの解消

普段本を読まない方や、読書が苦手な方にはピンとこない話かもしれませんが、読書にはストレス解消効果があると科学的に立証されています。

苦手な方からすると、「逆にストレスが溜まるのでは?」と思われるかもしれません。

けれど現に心拍数や筋肉の緊張状態からストレスを計測した結果として、ストレスが68%以上も軽減されている事がわかっています。

この数値は音楽鑑賞などよりも、遥かに上回る数値となっています。

実際に心理療法の一環として、その人に適した本を読ませる治療法が存在するほどに、読書は効果が期待されているのです。

まずは「うさんくさい」などと否定せずに、リラックスして本を読んでみてはいかがでしょうか?

自分に合う本との出会いで、人生は変わると思います。

メリット②創造力が鍛えられる

実は読書をする時、脳は普段とは違う動きをしているそうです。

その為創造力が鍛えられるという発表がありました。

本による文字だけの情報から想像力を膨らませて、イメージを構築していきます。

それが創造力の鍛錬になるという事です。

創造力というものは日常生活でも仕事でも必要な能力です。

創造力がない人間は言われた事しか出来ないマニュアル人間となってしまい、会社側からあまり必要とされない人間となってしまいます。

新しいアイデアを出すには創造力を鍛えると良いでしょう。

メリット③脳が活性化される

読書をすると、脳のあらゆる箇所が機能します。

前頭葉や後頭葉、前頭前野もさまざまな箇所が活性化する事が判明しています。

音読するのも学習能力を向上させるので、子供には是非させたいところですね。

脳が活性化される事で意外なところでメリットを感じる事があります。

例えばコミュニケーション能力です。

脳が活性化される事で、相手の想いを感じ取ったり、自分の考えを適切に伝えたりする事が出来ます。

これにより良好な人間関係が構築されるでしょう。

メリット④仕事や日常のヒントが得られる

何か悩んだ時に、ただ悩み続けるよりも、本を読んだ方が最短でヒントが得られる事が多いです。

仕事で悩んでいるのならビジネス本に同じような状況下が書かれているでしょう。

つまり本は人生の参考書となるのです。

実はビジネス誌で、『年収が高い人程読書に時間をかけている』という調査結果が報告されています。

本を読む読まないで年収にも大きな差があり、「1カ月で3冊以上の本を読む」というアンケートにおいて、年収500万以下の人は約22%、年収2,000万以上の方は約50%という結果が出ています。

仕事で成功している方は、普段から本を読んで知識を蓄えているのでしょう。

勉強しているつもりではなくても、本を読む事で自然と知識が増えているのだと思います。

メリット⑤教養に磨きがかかる

生きていく上でも仕事をしていく上でも、教養は不可欠です。

その教養に磨きをかけたいのであれば、ジャンルに囚われる事なくさまざまな本を読む事がベストでしょう。

本を読み始めた最初の頃は好奇心の赴くままに読めばいいです。

そこからどんどん広げていく事で、教養はどんどん深まります。

例えそれが仕事にも生活にも直接関わらない知識だとしても、身につけていて損をする事はありません。

知識は多ければ多い程、想定外の事態の時に使えます。

本当に頭の良い人は幅広いジャンルでの知識を持っている人です。

これを機に普段読まないジャンルの本を手に取ってみてはいかがですか?

メリット⑥読解力の向上

今や何でもAI頼りになっているこの時代。

そんな時代だからこそ、AIに出来ない能力が高い人間が求められます。

それが“読解力”です。

AIには読解力がありません。

なので、読解力が高い人間は、AIに仕事を奪われる心配がないのです。

自分の価値を高める為にも、読解力の向上は必須と言えます。

メリット⑦視野が一気に広まる

読書で視野が広がると言われてもピンとこないかもしれません。

けれど本を読む事で、他人の考えを知る事が出来ます。

自分にはない考え方、その思考の過程を辿る事で、「こんな考え方が出来るのか」と他人の目線で見る事が出来るようになります。

自分と違う考え方を理解するのは、想像しているよりも面白いものだと思います。

広がった視野のお陰で、さまざまな角度からものを見られるようになりますし、仕事をしていく上では必要不可欠な能力です。

視野を広げるには、普段読まないジャンルの本に手を伸ばすのもいいでしょう。

興味がなかったとしても、また新たな発見との出会いがあるはずです。

意味のない本はこの世に存在しません。

是非これを機会に視野を広げてみてはいかがでしょうか?

マインドフルネス速読の公式HPへ TOPページを見る