受講生が語る黒石浩子のマインドフルネス速読の効果や評判、料金について

速読と聞くと「読書スピードが速い」というイメージを皆さんお持ちだと思います。

では、その他の特徴は?と聞かれると特に何か答えられるような特徴を知っているという人は少ないのではないでしょうか?

もちろん速読の中にはただ本を速く読むという読書法であったり、写真を見るように文章を読む方法(フォトリーディング)などがあります。

しかし、ただただ本を速く読むだけという行為には正直何の生産性もない事ですし、また、写真を見るように文章を読む事が出来るという行為は科学的に不可能な事であるという事も立証されています。

稀にテレビなんかでそういう速読方法をされている方を見かける事がありますが、それはおそらく“やらせ”であるか、または、本当にそういった特殊な能力をもっているある種の“びっくり人間”のような特異体質の持ち主なのではないかと思います。

では速読ってなんなのか?

私が受講させて頂いたマインドフルネス速読というものに関して説明させて頂けば、これはまず「誰にでも習得する事が出来る速読法」となっていて、しかも、ただ読むだけといった無意味なものではなく、内容がしっかりと脳に定着する「使える読書」の方法となっています。

従来の速読とはどういった違いがあるのか、そしてどのように受講するのか、また、考案者の黒石浩子とは何者なのか?といった事を、実際にマインドフルネス速読を受講した私が、実際に受講して体験した事を元にして皆さまにお伝えしていきたいと思っています。

マインドフルネス速読の公式HPへ

マインドフルネス速読を受講する事になった経緯

マインドフルネス速読を受講する事になった経緯

実は私の場合、速読を覚えたい(読書スピードを速めたい)という気持ちを持っていたわけではありませんでした。

そんな私がどうしてマインドフルネス速読を受講してみようと思ったのか、という事をお伝えさせて頂きたいと思っています。

まず、そもそものマインドフルネス速読というものとの出会いに関してですが、

これは、とある偶然で、テレビを見ていた時に、「読書力の底上げや人生の豊かさの向上に!」という言葉であったり、「年齢、経験、センス一切関係なく、たった1回の体験で98.3%以上の方が読書スピードが2倍に!」というようなテーマで特集をされていた時に紹介されていたのが『マインドフルネス速読』でした。

正直読書スピードに関しては特別に早くしたいというような気持はなかったのですが、私が気になったのは「人生の豊かさの向上に!」という部分です。

今の私は毎日ただなんとなく家事をして、ただ何となくご近所さんとのお付き合いしながら過ごしているような毎日です。

何の充実感もない日々を満たされたものにしたい、という思いからマインドフルネス速読を受講する事を決意しました。

しかし、そこで実際にマインドフルネス速読を受講してみて思った事、この講座を本当に受講して良かった、という事です。

マインドフルネス速読の公式HPへ

速読について

速読について

さて、特に「速読」に対しては強いこだわりを持っていなかった私ですが、マインドフルネス速読を受講するにあたって「速読」についても少し調べてみました。

そこで私が感じた「速読」の印象としてはこれまで持っていた「ただ文章を速く読む能力」というイメージから全く変わってしまいました。

そこでまずは、「速読」というものがどういうものなのか、という事についてという事を説明していきたいと思います。

そもそも速読とは

速読、と言われても一体どこからが速読なのか、という事がわからないですよね。

一般的な日本人の読書スピードは平均で分速300文字~700文字というデータがあります。

しかし速読と言われるものであればそれが分速2000文字~3000文字はあたりまえ。

速い人でであれば分速1万文字にもなります。

基本的にはこのように、“文字を速く読む”という事が速読の入り口となりますが、速読を学んでいくという事はそこから“記憶にも繋がる読み方”をしていく事になります。

つまり、ただ早く読むだけという事ではなく、記憶に繋がる読み方をするという事が速読というものの定義であるのだと思います。

速読をする意味とは

なぜ速読をするのか、そのメリットにもついても考えてみたいと思います。

読書量の多さというのは、学力、さらには年収にも比例すると言われています。

とある経済情報誌のアンケート調査では一般的な日本人の平均で毎月の読書量は月に2.58冊となっており、年収が1000万円以上の人になればそれが月に7冊以上の本を読んでいるというデータがあります。

また、年収3000万円以上のビジネスエリートとも言われるような人ともなれば月に平均で10冊程度の本を読んでいるという事がアンケート調査の結果として出ているようです。

もちろん読書量が増えれば学力も向上し偏差値も上がる、という事に関しては皆さまも想像に難しくはないと思います。

速読が求められる時代?

速読を習得する事によって読書量が増えるというのは必然的な事ですよね。

そして、後述していきますが、速読を身につける事によって様々な能力が向上していきます。

その能力の中には“集中力”“記憶力”“創造力”“生産性”“コミュニケーション能力”などがあります。

これからの時代、AIの進化により、単純作業、バターン化した作業というのはコンピューターの方が効率的な作業をする事が出来るようになります。

というか、もうすでにそういった時代になってきていますよね。

そういった時代に求められるものは、先ほど挙げた、創造性や生産性、コミュニケーション能力というものになってきます。

これは厚労省によっても発表されている事で、これから人に求められるスキルとしては人間が人間であるからこそ出来る事が求められるようになってくるという事です。

そしてそれを身につける為には速読という事は非常に役に立つものとなっているという事です。

マインドフルネス速読の公式HPへ

マインドフルネスとは

マインドフルネスとは

マインドフルネスという言葉は初めて聞く人もいるかもしれません。

しかし、これはマインドフルネス速読に限ったものではなく、『今、この瞬間』を大切にする生き方」として、21世紀に入ってから世界中で注目されている心理的な概念です。

医療分野では「マインドフルネス瞑想」として、ストレスの軽減、集中力の強化などの効果をもたらすとして、世界中で受け入れられている心理療法となっています。

判断をしない

マインドフルネスの特徴の一つとしては、自分の今の状態がどういう状況であったとしても、評価や判断を一切せずに、完全に受け入れるありのままの状態という事が挙げられます。

もしかしするとこれはそんなに難しい事じゃないんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、私たちは普段、自分の状態や出来事を「好きや嫌い」といった事や、「良い悪い」という判断に基づいて評価をしてしまっているのです。

つまり完全に客観視するという事は非常に難しい行為なのです。

また、不安や偏見といった感情によって、ある意味では機械的に物事に対して反応してしまうという事も少なくはないものです。

しかし、マインドフルネスでは、自分の今の状態を判断せずに受け入れ、出来事や状態を客観的にはっきりと見る事が出来るようになります。

「今この瞬間」への意識

マインドフルネスの概念では、私たちは普段、身の回りに起こる出来事、また状態などに対して、自動的に反応をしたり、無意識のうちに過去や未来の事を考えて多くの注意力を消費していると考えられています。

しかし、「今この瞬間」に意識を向ける事によって、外部の出来事に気をとられる事なく、穏やかな心で物事を冷静に洞察する事が出来るようになります。

さらには、自然と消費していた多くの注意力の分を集中する力に向けることが出来るようになる為に、これまで不安や恐怖に襲われていたような状況であっても、冷静に対処する事が出来るようになります。

マインドフルネス瞑想

マインドフル状態になる為の方法として用いられるのは「マインドフルネス瞑想」と呼ばれるものです。

これは1度の実践でも一時的なストレス軽減効果やリラックス効果を実感出来るほどのものです。

毎日の実践を継続して行う事でそうした状態をコントロールする事が出来るようになってきます。

ただし、マインドフルネス瞑想は、それ自体は非常にシンプルなものではありますが、毎日しっかりと取り組む為には強い意志が必要になり、忍耐力も必要となってきます。

やっかいな事としては成果が出ていないように思えて続けていく為のモチベーションが保ちづらいというようなデメリットを抱えている部分も持ち合わせています。

怪しい宗教のようなもの?

このような瞑想という事を聞くと、何か怪しい宗教的なものを連想する方もいるかもしれません。

しかし、マインドフルネス瞑想というのは元来、禅やヨガなどのようなもので利用される瞑想から、怪しげな宗教観や精神性を取り除いたものです。

だからこそしっかりとトレーニングをすれば誰にでも出来るようになるものであり、今この瞬間だけを冷静に見る事が出来るようになるのです。

マインドフルネス速読の公式HPへ

マインドフルネス速読の効果

マインドフルネス速読の効果

さて、ここまでは「速読」「マインドフルネス」について、それぞれのもつ特徴とその効果について説明をさせて頂きました。

しかし、今回ご紹介させて頂くものはこの2つを掛け合わせた「マインドフルネス速読」というものになります。

ここまでの事を読んで頂けていると、マインドフルネスと速読、どちらもなんだか似たような特徴があるという事はお分かり頂けましたでしょうか?

どちらも集中力の向上であったり、創造性を高めていく為に必要なもの。

というような印象がなんとなく生まれているのではないかと思います。

それではここからは、このサイトのまさに本題ともいえる、「マインドフルネス速読」というものについて説明をさせて頂きたいと思います。

速読とマインドフルネスは相性が良い

ここでお伝えする速読法とはしっかりと集中力を高めて使える読書をするもの。

速読を習得する事で集中力が高まるという事は先ほどお伝えさせて頂きましたが、それは速読を実践する上で意識を集中させて文章を読むという事に対しての意識を高めるという事によるものです。

そして、マインドフルネスを実践する事でも集中力が高まります。

このように、速読とマインドフルネスを実践するという事は相乗効果により非常に高い集中力を発揮する事が出来るようになります。

またマインドフルネスでは呼吸を整え自分と向き合います。それに精神的な安定と身体的な健康を手にする事が出来るようになります。

その事が脳を落ち着かせ、脳が活性化します。それが速読を行う上での準備として非常に高い効果を発揮するようになります。

つまり、マインドフルネスと速読とを掛け合わせたマインドフルネス速読を実践するという事は、心身共に健康に非常に高い集中力で読書をする事になります。

こうした事が理解力を高め、創造力、生産性を高めるという事に繋がってくるという、マインドフルネスと速読の相性の良さを感じさせてくれるような結果をもたらす事となるのです。

速読とマインドフルネスの違いとは

非常に似たような性質をもち相性の良いマインドフルネスと速読の関連性ですが、この2つには大きな違いがあります。

マインドフルネスというのは先にもお伝えしましたが、感覚的に自分と向き合い、その成果を実感するのはなかなか難しいものとなっています。

それに対して速読という行為には、【文字数】というものでその効果を数値化する事が出来ます。

つまり、マインドフルネスではなかなか実感出来ない成長を、速読を用いる事で数値化する事だでき、成長を実感する事が出来るようになります。

こうした事がモチベーションの向上にもつながり、こうした速読とマインドフルネスとの違いでさえもお互いがその効果を高めるというような結果に繋がっていきます。

このように、マインドフルネスと速読とを掛け合わせたマインドフルネス速読には非常に多くの可能性が秘められているという事もわかって頂けると思います。

マインドフルネス速読で得られるメリット

心身共に健康に、高い集中力で取り組むマインドフルネス速読を習得する事で様々なメリットが得られるようになります。

もちろん、読書スピードを上げる事が出来る、マインドフルネスによって自分を客観視する事が出来る、というような事に関しては既に説明をさせて頂いた通りですが、マインドフルネス速読で実践する速読法を用いると目のトレーニングを行い視力の改善にもつながります。

また、マインドフルネス速読では使える読書という事をテーマに実践していく事になります。

その事によって理解力と記憶力が格段に向上します。

そして理解力、記憶力が向上するという事は自分で何かを生み出すという創造性、創造力を高める事になります。

これらの能力を身につける事で自分に自信がつき、発言をする力、対人関係を築く能力も相乗的に上がっていきます。

さらには、心身共に健康になるという事から自律神経の回復、ストレス軽減などの効果もあります。

以上のように、しっかりとマインドフルネス速読に取り組む事で非常に多くのメリットを得る事が出来るようになります。

この時点で、マインドフルネス速読というものがただ文章を速く読む事が出来るようになるものではないという事がお分かり頂けたかと思います。

マインドフルネス速読の公式HPへ

マインドフルネス速読習得3ステップ

マインドフルネス速読習得3ステップ

マインドフルネス速読の習得には1つの準備と3つのステップが設けられています。

実際に受講される際にこの手順についてゆっくりと教わる事が出来ますが、ここでは事前にマインドフルネス速読を受講する際に実践する手順について、簡単にご説明したいと思います。

具体的な内容に関してはここでは触れられませんが、マインドフルネス速読を受講した場合にどういったトレーニングを行っていくのかという事をお伝えできればと思います。

準備編

まず3ステップのトレーニングに進む前に行うのはマインドフルネスによる脳の準備になります。

スポーツの場合でも準備運動って大切ですよね?

この後にご紹介するトレーニングを実際に行う時にはまずこの準備にしっかりと取り組む事でトレーニングの効果を高めていく事が出来るようになりますので、準備と言えども真剣に取り組む事が大切です。

基本的には集中呼吸法と呼ばれるものを用いて、呼吸を整え、身体を整え、脳をと整えるといったような準備を行います。

この行程だけでも集中力のアップには十分な効果を発揮するようなトレーニングとなっています。

目のトレーニング

準備が終わってからまず最初に行うトレーニングは「目のトレーニング」になります。

やはり速読という程ですから目のトレーニングをしっかりと行う事は非常に重要な事です。

このトレーニングにしっかりと取り組む事によって「視力の改善」という事にも効果があります。

速読を行うには目が健康であるという事が非常に重要な事になります。

ここでは視界を広げていくようなトレーニングを行っていく事になるのですが、これを実践してみれば簡単なトレーニングでも視界がグングンと広がっていく事を感じられるようになるはずです。

脳のトレーニング

視界を広げる目のトレーニングを行った後には「脳のトレーニング」を行います。

詳しい事は実際にマインドフルネス速読を受講された時にしっかりと教わる事が出来ますが、脳には8つの働きがあります。

それをマインドフルネス速読では「8つの番地」と称し、その8つの番地を同時に使うトレーニングを行います。

普段、私たちの脳というのはそれらを同時に使うという事はありません。

しかし、それを同時に使う事が出来るようにするトレーニングを行う事で脳に負担がかかります。

その負担こそが脳にとって最大のトレーニングとして効果を発揮するようになるのです。

こうしたトレーニングを行う事によって集中力はもちろん、創造性や発想力という能力も高まります。

速読のトレーニングと言えどもしっかりと人生に役に立つ様々な事をこれらのトレーニングで行っていく事が出来るようになります。

アウトプットのトレーニング

目のトレーニング、脳のトレーニングと続いて、最後に行うのが「アウトプットのトレーニング」です。

ここでは、話す事、書く事、色んな方法でアウトプットをするトレーニングを行います。

このアウトプットというのは読書療法(ビブリオセラピー)の一つで、イギリスでは2013年に政府公認ともなっている心理療法であり、精神的な健康に関しても大きな効果を発揮していきます。

またこのトレーニングによってコミュニケーション能力も上がっていきます。

マインドフルネス速読のトレーニングではこのインプットとアウトプットのトレーニングは非常に重要視されているトレーニングです。

マインドフルネス速読では様々なトレーニングを行う

以上のように、マインドフルネス速読では様々なトレーニングを行います。

これらの事は「速読力」を向上させるというのはもちろんの事、集中力や創造力、発想力、コミュニケーション能力など様々な能力を向上する効果があります。

つまりこうしたトレーニングに対してしっかりと取り組む事によって人生を豊かにする事が出来るようになるという事なんです。

私がこのマインドフルネス速読を学んでみたいと思った理由もこういった所にあったのだと思います。

事実、このトレーニングを通じて、読書スピードが上がったという事はもちろん、物事を様々な角度から捉えられるようになり、自分自身を冷静で客観的に見る事が出来るようになり、心にゆとりがうまれ、自分に自信がつき、人生が豊かになっているという事を実感する事が出来るようになりました。

マインドフルネス速読というのは本当に大きな力を持っているものなのだという事がわかりますよね。

マインドフルネス速読の公式HPへ

考案者の黒石浩子先生

考案者の黒石浩子先生

マインドフルネス速読を考案したのは「黒石浩子先生」という人物です。

ここではそんな黒石浩子先生について少しご説明させて頂きたいと思います。

黒石浩子先生はご自身の経験から、非常に熱い気持ちをもってこのマインドフルネス速読を多くの人に広めようと努力されている方です。

事実、私自身も黒石浩子先生の親切で丁寧な指導方法に本当にお世話になりました。

マインドフルネス速読のメソッドそのものにも大きな効果があるのはもちろんですが、やはり黒石浩子先生の指導があるからこそ、こうして充実して豊かな人生を過ごす事が出来ていると思っています。

黒石浩子先生の過去

まずは黒石浩子先生の過去についてです。

黒石浩子先生は幼少期から病弱で、自宅で本と過ごすという事が多かったようです。「本」に救われ、「本」に癒され、「本」に支えられながら成長したとの事。

その後社会人になり、IT業界でシステムエンジニアとして就業する中で、激務を重ねて眼や心を酷使し、難病の視覚障害を患ってしまったのです。

そして第一種視覚障碍者となった事や、リストラ、会社倒産、派遣切りなどの精神的ダメージから、うつ病や適応障害も発症されたようです。

そんなどん底の生活の中で、IT業界に取って代わる、新たな自分の人生を模索し、色んなセミナーなどをうけ、色んな世界に飛び込み、そして出会ったのが【マインドフルネス】と【速読】でした。

マインドフルネスと速読を習得する中で「脳力」を最大限に活かすコツを得た事により、なんと視覚障害を乗り越え40以上もの資格を取得したというのです。

そんな自身の成果の集大成として、考案されたのが「マインドフルネス速読」だったのです。

黒石浩子先生の実績

視覚障害を負いながら40以上もの資格を取得した黒石浩子先生ですが、現在の肩書としては

●マインドフルネス速読開発者

●関西マインドフルネス協会インストラクター

●絵本セラピスト(絵本セラピスト協会認定)

●心理カウンセラー

というものがあります。これだけでも凄いですよね。

そして、マインドフルネス速読の指導についても、誠実な人柄と、丁寧でわかり易い指導方法には非常に定評があり、受講生からも大きな信頼を獲得しています。4年間でマインドフルネス速読を指導した人数はなんと400人以上にものぼるとの事。

マインドフルネス速読ではしっかりと受講者にヒアリングも行い、一人一人の長所を伸ばし成長を促すというような丁寧な指導をされます。

私自身も、目的としては読書スピードを上げるという事よりも、豊かな人生を送りたいという事をお伝えしたのですが、それならどういう事を重点的にトレーニングしたらよいのかという事も真剣に考えて下さり、マインドフルネス速読への取り組み方に対してのアドバイスをしてくれました。

こうした指導方法にも、ご自身の過去の経験などが関わってきているのでしょうね。

速読の良さをもっと広めたいと仰っていたのが印象的でした。

マインドフルネス速読の公式HPへ

受講の料金は?

受講の料金は?

マインドフルネス速読を受講する為の費用としては「133,000円」となっています。

申し込み後にそれ以外に教材代が必要になるとか、そういう事はありません。

この料金でしっかりと3カ月間のトレーニングを行う事が出来るようになります。

また、3カ月で読書スピード3倍も保証されていて、3カ月で読書スピードが3倍にならなければちゃんと3倍になるまではトレーニングを受ける事が出来るというのです。

ただ、私のような速読の全くの初心者でも3カ月で読書スピードは十分に上がりましたのでそんな心配はいらないかと思います。

一つ注意して頂きたいのは、読書スピードが3倍になるまで保証するといっても、マインドフルネス速読に対してしっかりと取り組んでいる人というのは条件になります。

それはそうですよね。

適当になんの努力もしない人にそんな保証するわけにはいかないのは当然の事だと思います。

しっかりとカリキュラムに取り組んでいれば、ちゃんと黒石浩子先生が責任をもって指導を続けてくれますので、その点に関してはご安心下さい。

マインドフルネス速読の公式HPへ

運営会社マインドフルクイックリード株式会社の評判

運営会社マインドフルクイックリード株式会社の評判

マインドフルネス速読を運営するのはマインドフルクイックリー株式会社と言います。

会社の評判に関しては決して悪い評判を見かけるような事はありません。

また、ホームページには以下のように詳細に関しての表記も記載されています。

プライバシーポリシー

・会社名 マインドフルクイックリード株式会社

・住所 〒532-0025 大阪府大阪市淀川区新北野3-11-19-A401

・連絡先 TEL:080-4868-1104

また特定商取引法に基づく表記にも運営責任者として黒石浩子先生の名前も記載されています。

詐欺会社ではない?

マインドフルクイックリー株式会社に関して、マインドフルネス速読以外の事業に関する情報は確認が出来ませんでしたが、恐らくマインドフルクイックリー株式会社ではマインドフルネス速読に注力し運営を行っているものと思います。

また、マインドフルネス速読について、黒石浩子先生はテレビに出演されていた事もありますし、詐欺会社であればこのようなメディアの露出は控えるはずですよね。

こういった点でも安心の出来る会社だという事がわかります。

マインドフルネス速読の公式HPへ

悪評はある?口コミによる評判は?

悪評はある?口コミによる評判は?

簡単ではありますが、私がマインドフルネス速読を受講する際に参考にさせてもらった口コミなんかも紹介してみたいと思います。

私もなるべくマインドフルネス速読の魅力をお伝えしてきたつもりではありますが、色んな人の意見があった方が参考になると思いますので、是非これから受講されるという方は参考にしてみて下さい。

速読習得ならマインドフルネス速読

僕は学生時代に速読を習っていた事があるのですが、昔にならった速読はフォトリーディングと呼ばれるもので、僕は身につける事が出来ませんでした。

しかし、黒石浩子先生のマインドフルネス速読はそういった極端な速読とは違って、誰にでも出来る使える読書法です。

レッスンの内容も特別難しい事はありません。もちろんやる気と根気は必要ですけど、3カ月しっかりとトレーニングすれば読書スピードは確実に上がると思います!

速読を習得したいならマインドフルネス速読以外には考えられません。

[滋賀県/31歳/男性]

人生の失敗を教訓に

私が速読を習ったのはマインドフルネス速読という新感覚の速読法です。

これは難病の視覚障害を患った黒石浩子先生という方の考案した速読法で、過去にはIT業界で働いていたという方です。

しかしそこで目や心を酷使してしまったというような人生の失敗を教訓に考案したのがマインドフルネス速読。

そういった理由からか、この速読法はただ読書スピードを速めるというようなものではなく、人生を豊かにしてくれる速読法です。

今の人生に何か不安があるというような人はこの速読法は実におすすめです。

[兵庫県/40歳/女性]

受験勉強に備えて

親から受験勉強の為にとマインドフルネス速読を受講するよう案内されました。

この速読を習得してからは勉強が身になるようにもなって受験にも無事合格しました。

勉強の仕方も根本から変わります。記憶力とか理解力も高まりました。ありがとうございました。

[長野県/15歳/男性]

マインドフルネス速読の公式HPへ

最後に

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。

マインドフルネス速読の魅力をどれほど伝えられたかわかりませんが、ただ速読を習得するというだけのものではなく、人生を豊かにしてくれるものだという事が伝わっていれば幸いです。

黒石浩子先生が非常に丁寧に指導してくれるマインドフルネス速読。

興味のある人は是非習得してみてはいかがでしょうか?

マインドフルネス速読の公式HPへ